いしのまき マキコミュプロジェクト

いしのまきフェア第2弾

いしのまきの野菜から始まる新たなプロジェクト。

いしのまきは、宮城県内有数の野菜の産地や、豊富な水産資源など豊富な食の資源があります。
マキプロは、そのようないしのまきに根差す第一次産業を基盤とし、
いしのまきの食のプラットフォーム構築を目指すプロジェクトです。

現段階で提供可能なサービスの中心は、地元食材の供給と地元食材を利用した商品開発の連携です。
またJAの地域密着力を生かした地元住民への情報や商品の提供などが強みです。
スタートラインにおける当プロジェクトの課題として、加工や販売にかかわるノウハウや環境が脆弱なため、
パートナー企業を協力体制を得たいと考えております。

農業、水産業、復興関連のプロジェクトを巻き込みながら、
食に関わる飲食店や加工会社などの企業と手を取り合い、いしのまきの食ブランドを育み、
新たないしのまきの食文化の基盤づくりに向けて活動を実施しております。

地産地消を通した仕事の安定再建と豊かで健康な地域づくりが私たちの願いです。

自然の恵みが生み出したいしのまきの豊富な食材たち。

あなたのおいしいの中に故郷ふるさとはありますか?

JAいしのまきでは、地域ブランドの育成を進めるためマキコミュプロジェクト(マキプロ)を立ち上げました。

これは「復興応援 キリン絆プロジェクト第2ステージ 農業支援」のサポートを受けて活動を進めているものです。マキプロは、地域の農業者・漁業者や飲食業、加工業、行政などの異業種の方々が集まり、さまざまな食資源をつなぎあわせ、地産地消・六次産業化を進めながら、「いしのまきブランド」を創り上げていく取り組みです。

「あなたのおいしいの中に故郷(ふるさと)を!」をキーワードに、生産者と企業のつながりや、農林水産物の提供、加工品の開発に取り組みながら、それぞれが行っている地産地消や六次産業化などの活動と連携を図っていきます。

地域食材へのこだわりこそ最高のプロモーション力になる!!

現在、計画している活動は、”健康地域いしのまき”を掲げ、多くのいしのまき産食材を食生活の中に取り入れてもらうためのイベントです。そのスタートとして、東北一の消費地である仙台市をはじめ、石巻地域の飲食店さまにご協力いただき、いしのまき産の産品を使ったメニューを開発し、特別メニューとしてお客様へ提供いただきます。さらにそこで開発したメニューの商品化やレシピ本の制作、住民の方々を巻き込んだ料理教室やイベントを開催し、地域への浸透とあわせて図っていきます。

また、全国に向けPRする最高の広告媒体となる加工品の開発を行います。石巻地域の食材をふんだんに使用し、生産者の顔の見える、地域の情報が伝わる商品を開発し、内外に発信していきます。

商品のおいしさはもちろんですが、地域力を背景に、多くの人に石巻地域のファンやアンバサダーになってもらえるよう商品のPR・販売を展開していきたいと考えています。

まだまだ、始まったばかりのプロジェクトです。皆さんのお力添えをいただきながら、ともに創り上げていきたいと思います。

Copyright (C) 2015-2016 いしのまきマキコミュプロジェクト All Rights Reserved.